産後 お母さんの睡眠VS子供のお昼寝 時間と回数

目安時間:約 2分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

産前産後関係なく睡魔と闘っているんですが、最近愛娘ちゃんがお昼寝をしなくなってきて大丈夫かな?と心配していました。ママ友に聞いてみたらだんだん成長していくにつれてお昼寝の回数や時間が変わってくると聞いて安心しました(*^。^*)
そこで!お昼寝に関して戸惑うお母さんたちもいるかと思って今回は月齢別の平均的なお昼寝の回数や時間をまとめてみました!!

◎新生児~生後2か月
<回数>1日のほとんどを寝て過ごす
<時間>16~18時間程度
3~4時間おきに泣いて起きるので、そのたびに授乳やおむつ替えをしてあげましょう。
◎生後3、4か月
<回数>朝・昼・夕1回ずつの3回
<時間>午前中に1時間、午後に2~3時間、夕方は1時間程度
体内時計が動き始めるのが生後4か月頃からなので、朝はちゃんと起こして昼夜を逆転させないようにしましょう。
◎生後5、6か月
<回数>午前と午後の2回
<時間>午前に1時間、午後に2~3時間程度
この時期から、黄昏泣きや夜泣きが始まります。あまり昼寝をさせないで、昼間の運動を増やすと夜泣きが減るかもしれません。
◎生後7、8か月
<回数>午前と午後の2回
<時間>午前に1時間、午後に2時間程度
もうそれほど長時間のお昼寝は必要ありません。お昼寝の途中で目が覚めても、ママの姿が見えれば安心してまた眠ることもあります。
◎生後9、10、11か月、1歳
<回数>午前と午後の2回
<時間>午前に30分程度、午後に2時間程度
生活リズムを作るためにも、午前中のお昼寝をやめていい頃です。1歳を過ぎると自然に午前中は眠らなくなることが多くなります。

体を動かす量によってお昼寝の時間帯などは変わったり、個人差があるものなので、このようにならなければいけないというものではありません。あくまでも参考程度にしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ:妊娠中 産後 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
タグ
にきび肌 ビタミンC誘導体配合化粧品 まつげを長くする方法 まつげを長くする美容液 わきの脱毛 エステ わきの脱毛 エステ 美容クリニック 脱毛施術 ビキニライン 脱毛 スリムアップしたい部分 脂肪 除去 痩身エステ効果 ダイエット食品 効果 ダイエット食品 通販ショップ 購入 ダイエット食品 食事 摂取カロリー量 減らす ビキニライン おすすめ 脱毛方法 ビタミンC誘導体配合化粧品 ニキビ肌改善 フォトフェイシャル 美肌効果 ムダ毛のないツルツルなきれいな肌 レーザー照射 ワキガ対策 美容外科 治療する方法 ワキガ対策 美容皮膚科 治療する方法 ワキガ対策 ボトックス注射 ワキガ対策 マイクロリムーブ法 ワキガ対策 レーザー治療法 ワキガ対策 電気凝固法 ワキガ手術 美容皮膚科 美容外科 ワキガ治療 手術費用 ワキガ 治療方法 ワキガ治療 美容皮膚科 美容外科 体脂肪除去 化粧品 保湿ケア にきび 予防効果 化粧品 保湿ケア ニキビ肌 改善 天然成分配合 脱毛クリーム 敏感肌 にきび 化粧品 保湿 水中ウォーキング 効果 水泳 ダイエット 効果 痩身エステ 痩身効果 痩身施術 痩身施術効果 紫外線対策 美容整形施術 美肌 デットクス サプリメント 美肌 デットクス 効果 肌に優しい脱毛クリーム 肌の老化防止 紫外線防止 肥満 予防 脂肪吸引 自分で処理 ビキニライン脱毛

ページの先頭へ