産後 授乳中のおやつは?母乳に良いおやつ・悪いおやつ

目安時間:約 2分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前乳腺炎のお話をしたんですが、今回は産後、授乳中ママのおやつについて少し調べてみました。
授乳育児をしているとおっぱいを通して赤ちゃんに影響を与えてしまうのでお母さんの食べ物も限られてきます。
ですが、授乳中はとにかくお腹がすくので1日3食だけではたらず、ついついおやつに手が伸びてしまいます(>_<)お母さんと赤ちゃんの栄養補給する事は大事なので、おやつや間食する事はおやつの種類や量、時間帯がしっかりしていれば問題ないです。
おやつを食べるタイミングは午前中に一度と決めておくのがベストで、ただ、1日に食べる量を半分に分けて、午前と午後に一度ずつ食べることも良いみたいです。夜間におやつを食べてしまうと寝ている間にカロリー消費できず母乳が詰まりやすくなってしまい乳腺炎に悩まされます。
◎授乳中のおすすめのおやつ
寒天ゼリーやおにぎり、フルーツ、ナッツ、食パン、蒸かしいも、赤ちゃん用のお菓子が良いと言われています。
◎母乳に良くないおやつ
チョコレートやケーキなどの洋菓子、お餅、赤飯、おこわは昔の人は母乳の出が良くなるからお餅を食べなさいと言いますが最近では、カロリーが高いので詰まりやすくなると言われてます。

妊娠中は病院でも体重管理をされますが、産後、授乳中は自分で体調管理をしっかりしましょう!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ:妊娠中 産後 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
タグ
にきび肌 ビタミンC誘導体配合化粧品 まつげを長くする方法 まつげを長くする美容液 わきの脱毛 エステ わきの脱毛 エステ 美容クリニック 脱毛施術 ビキニライン 脱毛 スリムアップしたい部分 脂肪 除去 痩身エステ効果 ダイエット食品 効果 ダイエット食品 通販ショップ 購入 ダイエット食品 食事 摂取カロリー量 減らす ビキニライン おすすめ 脱毛方法 ビタミンC誘導体配合化粧品 ニキビ肌改善 フォトフェイシャル 美肌効果 ムダ毛のないツルツルなきれいな肌 レーザー照射 ワキガ対策 美容外科 治療する方法 ワキガ対策 美容皮膚科 治療する方法 ワキガ対策 ボトックス注射 ワキガ対策 マイクロリムーブ法 ワキガ対策 レーザー治療法 ワキガ対策 電気凝固法 ワキガ手術 美容皮膚科 美容外科 ワキガ治療 手術費用 ワキガ 治療方法 ワキガ治療 美容皮膚科 美容外科 体脂肪除去 化粧品 保湿ケア にきび 予防効果 化粧品 保湿ケア ニキビ肌 改善 天然成分配合 脱毛クリーム 敏感肌 にきび 化粧品 保湿 水中ウォーキング 効果 水泳 ダイエット 効果 痩身エステ 痩身効果 痩身施術 痩身施術効果 紫外線対策 美容整形施術 美肌 デットクス サプリメント 美肌 デットクス 効果 肌に優しい脱毛クリーム 肌の老化防止 紫外線防止 肥満 予防 脂肪吸引 自分で処理 ビキニライン脱毛

ページの先頭へ