日焼け止めクリームの特徴と紫外線対策

目安時間:約 2分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

肌にしみやくすみをつくらないために、紫外線の影響を肌が受けないよう、しっかりガードしておきたいものです。紫外線が強い季節というと、5月~9月の暑い時期という印象があるかもしれませんが、実際は一年じゅうずっと紫外線は降り注いでいます。もしも、紫外線から肌をガードしたいなら、紫外線量が多い時間に屋外で活動をすることは控えるといいでしょう。

 

紫外線の強い時間としては、AM10:00~PM2:00ぐらいです。この4時間程度で、1日に届く紫外線の半分が、地球上に到達しているのです。昼間に外出をしないようにする事はなかなか難しい面もあるので、外出する時には日焼け止めを塗っておくようにしましょう。塗った直後ではなく、塗ってからしばらくしてから効果があることが、日焼け止めクリームの特徴です。日焼け止めクリームをつけるタイミングは、外出時間よりやや早めにしておくことで、タイムラグを生じさせずに紫外線予防効果が得られます。日焼け止めクリームは、ちょくちょく塗り直しが必要です。夏の暑い季節では、日焼け止めクリームを塗った後で汗をかくと有効成分が流れてしまいます。また、効果がずっと続くものでもありません。3時間に1回のペースで塗り直しをすると、効果が持続するでしょう。日焼けを防止して、美白を目指すためにはビタミンCの配合された化粧品やスキンケア商品を利用することが挙げられます。紫外線の作用から肌を守り、肌の白さを維持するためには、美容成分であるビタミンCを有効に使いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
タグ
にきび肌 ビタミンC誘導体配合化粧品 まつげを長くする方法 まつげを長くする美容液 わきの脱毛 エステ わきの脱毛 エステ 美容クリニック 脱毛施術 ビキニライン 脱毛 スリムアップしたい部分 脂肪 除去 痩身エステ効果 ダイエット食品 効果 ダイエット食品 通販ショップ 購入 ダイエット食品 食事 摂取カロリー量 減らす ビキニライン おすすめ 脱毛方法 ビタミンC誘導体配合化粧品 ニキビ肌改善 フォトフェイシャル 美肌効果 ムダ毛のないツルツルなきれいな肌 レーザー照射 ワキガ対策 美容外科 治療する方法 ワキガ対策 美容皮膚科 治療する方法 ワキガ対策 ボトックス注射 ワキガ対策 マイクロリムーブ法 ワキガ対策 レーザー治療法 ワキガ対策 電気凝固法 ワキガ手術 美容皮膚科 美容外科 ワキガ治療 手術費用 ワキガ 治療方法 ワキガ治療 美容皮膚科 美容外科 体脂肪除去 化粧品 保湿ケア にきび 予防効果 化粧品 保湿ケア ニキビ肌 改善 天然成分配合 脱毛クリーム 敏感肌 にきび 化粧品 保湿 水中ウォーキング 効果 水泳 ダイエット 効果 痩身エステ 痩身効果 痩身施術 痩身施術効果 紫外線対策 美容整形施術 美肌 デットクス サプリメント 美肌 デットクス 効果 肌に優しい脱毛クリーム 肌の老化防止 紫外線防止 肥満 予防 脂肪吸引 自分で処理 ビキニライン脱毛

ページの先頭へ