産後 授乳中のおやつは?母乳に良いおやつ・悪いおやつ

目安時間:約 2分

以前乳腺炎のお話をしたんですが、今回は産後、授乳中ママのおやつについて少し調べてみました。
授乳育児をしているとおっぱいを通して赤ちゃんに影響を与えてしまうのでお母さんの食べ物も限られてきます。
ですが、授乳中はとにかくお腹がすくので1日3食だけではたらず、ついついおやつに手が伸びてしまいます(>_<)お母さんと赤ちゃんの栄養補給する事は大事なので、おやつや間食する事はおやつの種類や量、時間帯がしっかりしていれば問題ないです。
おやつを食べるタイミングは午前中に一度と決めておくのがベストで、ただ、1日に食べる量を半分に分けて、午前と午後に一度ずつ食べることも良いみたいです。夜間におやつを食べてしまうと寝ている間にカロリー消費できず母乳が詰まりやすくなってしまい乳腺炎に悩まされます。
◎授乳中のおすすめのおやつ
寒天ゼリーやおにぎり、フルーツ、ナッツ、食パン、蒸かしいも、赤ちゃん用のお菓子が良いと言われています。
◎母乳に良くないおやつ
チョコレートやケーキなどの洋菓子、お餅、赤飯、おこわは昔の人は母乳の出が良くなるからお餅を食べなさいと言いますが最近では、カロリーが高いので詰まりやすくなると言われてます。

妊娠中は病院でも体重管理をされますが、産後、授乳中は自分で体調管理をしっかりしましょう!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ:妊娠中 産後 

産後 お母さんの睡眠VS子供のお昼寝 時間と回数

目安時間:約 2分

産前産後関係なく睡魔と闘っているんですが、最近愛娘ちゃんがお昼寝をしなくなってきて大丈夫かな?と心配していました。ママ友に聞いてみたらだんだん成長していくにつれてお昼寝の回数や時間が変わってくると聞いて安心しました(*^。^*)
そこで!お昼寝に関して戸惑うお母さんたちもいるかと思って今回は月齢別の平均的なお昼寝の回数や時間をまとめてみました!!

◎新生児~生後2か月
<回数>1日のほとんどを寝て過ごす
<時間>16~18時間程度
3~4時間おきに泣いて起きるので、そのたびに授乳やおむつ替えをしてあげましょう。
◎生後3、4か月
<回数>朝・昼・夕1回ずつの3回
<時間>午前中に1時間、午後に2~3時間、夕方は1時間程度
体内時計が動き始めるのが生後4か月頃からなので、朝はちゃんと起こして昼夜を逆転させないようにしましょう。
◎生後5、6か月
<回数>午前と午後の2回
<時間>午前に1時間、午後に2~3時間程度
この時期から、黄昏泣きや夜泣きが始まります。あまり昼寝をさせないで、昼間の運動を増やすと夜泣きが減るかもしれません。
◎生後7、8か月
<回数>午前と午後の2回
<時間>午前に1時間、午後に2時間程度
もうそれほど長時間のお昼寝は必要ありません。お昼寝の途中で目が覚めても、ママの姿が見えれば安心してまた眠ることもあります。
◎生後9、10、11か月、1歳
<回数>午前と午後の2回
<時間>午前に30分程度、午後に2時間程度
生活リズムを作るためにも、午前中のお昼寝をやめていい頃です。1歳を過ぎると自然に午前中は眠らなくなることが多くなります。

体を動かす量によってお昼寝の時間帯などは変わったり、個人差があるものなので、このようにならなければいけないというものではありません。あくまでも参考程度にしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ:妊娠中 産後 

産後の抜け毛 何で?原因は?

目安時間:約 2分

出産以降シャンプーの時や髪を乾かす時など髪の毛がごっそり抜けて驚いた事はありませんか?
今回は産後の抜け毛問題について調べてみました!!
最初に一言。
安心してください!産後の抜け毛は赤ちゃんを育てるためのママの身体の変化による影響と言われています。
抜け毛の原因は女性ホルモンの変化が主な原因で、妊娠中は女性ホルモンが増えます。通常、髪の毛は一定のサイクルで生え変わっていますが、女性ホルモンが増えると髪の毛が抜けにくくなるため、妊娠中は髪の毛や体毛が増えて毛深くなったという妊婦さんも多くいるそうです。そして、産後すぐは女性ホルモンが急激に減少し、妊娠中に抜けなかった髪が一気に抜けてしまうのです。
女性ホルモン以外にもストレスや生活習慣も産後の抜け毛に影響しています。
と、いうことで産後の抜け毛はそこまで気にする事でもないと分かったのでこれから生えてくる髪の毛達を気長に待つことにします(^_^.)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ:妊娠中 産後 

産後 妊娠中も使える万能クリーム ヒルドイド

目安時間:約 1分

妊娠中も産後にも使える万能クリームの紹介をしようと思います!
朝も夜もこれ1本!!!!
それは、ヒルドイド軟膏・ヒルドイドローションです。

芸能人の方や美容関係の方たちにも人気があるらしく、これは病院でしか手に入りません。
ちなみに私は皮膚科で処方してもらっています♪
妊娠したらだんだん大きくなっていくお腹は前もって少しずつ皮膚を柔らかくしてあげとかないと妊娠線が出来やすいと病院の先生から言われたので私は妊娠5ヵ月頃から塗っていました。
保湿の持続はヒルドイド軟膏が良いかな~…顔や手足はヒルドイドローションの方が伸び良い感じでした。
もちろん今も朝の洗顔の後、お風呂上りの後は欠かさず塗っています!!

これから乾燥の時期がくるのでもっと欠かせなくなりそうです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ:妊娠中 産後 

[soliloquy id="330"]
カテゴリー
タグ
にきび肌 ビタミンC誘導体配合化粧品 まつげを長くする方法 まつげを長くする美容液 わきの脱毛 エステ わきの脱毛 エステ 美容クリニック 脱毛施術 ビキニライン 脱毛 スリムアップしたい部分 脂肪 除去 痩身エステ効果 ダイエット食品 効果 ダイエット食品 通販ショップ 購入 ダイエット食品 食事 摂取カロリー量 減らす ビキニライン おすすめ 脱毛方法 ビタミンC誘導体配合化粧品 ニキビ肌改善 フォトフェイシャル 美肌効果 ムダ毛のないツルツルなきれいな肌 レーザー照射 ワキガ対策 美容外科 治療する方法 ワキガ対策 美容皮膚科 治療する方法 ワキガ対策 ボトックス注射 ワキガ対策 マイクロリムーブ法 ワキガ対策 レーザー治療法 ワキガ対策 電気凝固法 ワキガ手術 美容皮膚科 美容外科 ワキガ治療 手術費用 ワキガ 治療方法 ワキガ治療 美容皮膚科 美容外科 体脂肪除去 化粧品 保湿ケア にきび 予防効果 化粧品 保湿ケア ニキビ肌 改善 天然成分配合 脱毛クリーム 敏感肌 にきび 化粧品 保湿 水中ウォーキング 効果 水泳 ダイエット 効果 痩身エステ 痩身効果 痩身施術 痩身施術効果 紫外線対策 美容整形施術 美肌 デットクス サプリメント 美肌 デットクス 効果 肌に優しい脱毛クリーム 肌の老化防止 紫外線防止 肥満 予防 脂肪吸引 自分で処理 ビキニライン脱毛

ページの先頭へ